生活の中で気になることを調べています。

Women Life

ファッション

着物を着て雨の日の外出はOK?汚れ防止策と汚れた時の処置をご紹介

更新日:


結婚式や七五三、入学卒業式など、華やかに着物でお祝いしたい!
と思ったけれど

「子供が小さいから汚してしまいそう…」とか

「その日が必ずお天気がいいとは限らないし…」など

着物はあきらめたほうがいいの?と初心者は不安になるはず。

そんな不安にお応えして、対策をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

着物を着て雨の日の外出も大丈夫?

よほどの土砂降りや長時間雨の中にいるという状況でなければ雨の日でも
着物を着て外出する方はいるようです。

着物にも雨用のコートがありまして「雨ゴート」とネットで検索すると可愛らしいものがたくさん出てきます。

雨ゴートには一部式二部式があります。

一部式は上から下までつながったもので
脱ぎ着しやすく、立ち姿が綺麗ですが、自分の丈に合ったものを選ぶのが難しいです。
基本自分の丈に合った(着物が隠れる踵くらいまで長さのサイズ)を作るので高価になります。

二部式は上下別れており、下が巻きスカートのようになっております。

なので着物初心者が最初に購入するのは二部式のほうがおすすめです。
上下別れているため長さが調節しやすいので既製品で安く揃えられます。

雨ゴートを着る際は、泥はねで着物の裾が汚れないようにコートの中で
着物の裾を(長襦袢はしなくて大丈夫です)洗濯バサミなどでたくし上げておくと良いです。
雨ゴートを脱ぐ前に洗濯バサミを外すのを忘れずにしてくださいね。

草履用にも雨カバーがあります。
無いよりはあった方が草履を痛めにくいとは思いますが
やはり完全に雨を避けられるというわけではないので必ず替えの足袋は何足か用意しておいてください。

また、歩き方も踵を跳ね上げるようなことは止めてそろそろあるくスリ足を心がけてください。

レンタル着物の場合しない方がいいと思いますが
正絹用の防水スプレーも販売しておりますのでこちらも試してみる価値はありそうです。

使用の際は目立たないところから始め、シミにならないのを確認した上で全体に使うようにしてみてくださいね。

着物の汚れ防止

小さいお子さんがいると抱っこをせがまれたりして
お子さん手や靴で着物を汚してしまうという懸念があります。

その場合、移動中などは塵除けコートの着用をおすすめします。
揃えるのが難しいという方には大判のストールで代用してみてもいいかもしれません。

フォーマルな席での着用はマナー違反になりますので会場では脱いでくださいね。

また着物を丸ごと防水加工することである程度防ぐことができます。

しかし、これは着物の専門家にやってもらうことなので素人にはできません。
第一章でご紹介した正絹用の防水スプレーくらいならできそうですが。

スポンサーリンク

素人ができる対策としては

着物を着る前に、アルコールを含む化粧水をコットンに含んで、首の周りと手首を脂汚れがつかなくなるまでよく拭くことです。
アルコール負けする人は、普段使っている化粧水で拭くだけでもいいです。
着物を着ていると一番汚れるのが袖口と襟になりますのでやってみてください。

またワイシャツ用の襟汚れガードテープを着物の汚れやすい部分に貼ってみてはどうでしょうか?

袖の内側と長襦袢の襟に貼ることで皮脂汚れを防ぐことができます。
こちらも試してみてください。

そのほか着物を着た時の所作に気を付けることで汚しにくくなります。
こちらの記事もあわせて参考にしてみてください。
→結婚式での着物の立ち居振る舞い 歩き方 食事 トイレなどでご紹介

着物を汚してしまったときの処置方法

基本的に汚してしまった場合、そのままの状態で着物専門クリーニングに出します。

着物は絹で織られているものが多いため下手に汚れを落とそうとすると
かえって悪い状態にしてしまう可能性があります。

特にたんぱく質系の汚れ、肉汁や卵、乳製品、血液などは
お湯などで処置すると固まって落としにくくなるため注意しましょう。

あまりお勧めできませんが、もし汚れが気になるようなら下記の落とし方をご紹介します。

口紅やファンデーションなど油性の汚れ

応急処置:
取れる分は柔らかい布で汚れを広げない様に拭き取り、取れそうにない分はそのままにしておきます。

染み抜きの処置:
ベンジンで落とします。汚れた着物の下に布を置き、歯ブラシにベンジンを少し取って
汚れの箇所をこすらないよう上から垂直にトントンと少し強めで叩きます。
汚れを取ったら輪染みにならないようベンジンの入った霧吹きで周りをぼかしていきます。

お茶、コーヒー、お酒、醤油、ソースなど水性の汚れ

応急処置:
汚れの下に布(またはタオルなど)を敷き
水につけて硬く絞った布を指に巻き、それで叩いて下の布に汚れを移します。

染み抜きの処置:
汚れた着物の下に布を置きます。
食器洗い用の中性洗剤を水で15倍くらいに薄めたものを歯ブラシで取り
垂直にトントンとこすらないようにたたきます。
シミが取れたら水の入った霧吹きで輪染みにならないようぼかします。
次に水だけで同じ作業をし、洗剤を落とします。その後乾かして終わりです。

マヨネーズ、バター、チョコレートなど油性と水性の混じった汚れ

応急処置:
柔らかい布で汚れが広がらないように拭き取る。チョコレートは濡れた布で、バター、マヨネーズは乾いた布で拭き取ります。

染み抜き処置:
ベンジンによる油性汚れの処理の後、中性洗剤による水性汚れへの処理をします。

まとめ

レンタル着物は汚れてしまった場合、基本そのままで返します。

そのため汚れの保証についてはきちんと確認をしておく必要がありますね。
確認したうえで追加の保証に入っておくことをおすすめいたします。

着物のレンタルショップについてはこちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

-ファッション
-

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。