生活の中で気になることを調べています。

Women Life

結婚式

結婚式用のご祝儀袋の選び方書き方渡し方をご紹介

更新日:


服装に格式があるように、ご祝儀袋にも格があるのをご存知ですか?

それを知らずに適当なご祝儀袋で包んでしまうと後々恥ずかしい思いをします。

ここでは金額とご祝儀袋の組み合わせ、書き方から渡し方まで
きちんと学んでいきましょう!

スポンサーリンク

結婚式用のご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋の書き方の前にまず
水引の形は結婚式用を選んでいますか?
金額とご祝儀袋の格が釣り合っていますか?
確認してみてください。

ご祝儀袋には封筒にひも状のものが結ばれています。これを「水引」というのですが
よく見ると紐が結び切りでほどけないものと、蝶結びで結び直せるものとがあります。

これはお祝いしたいことが一回きりでいいのか、何度もあっていいのかで使い分けします。

つまり結婚は一回で何度もするのは縁起が悪いととらえ
結婚お祝いのご祝儀袋は「結び切り水引」を使うんですね。

さてここまでは大体の方がご存知だと思いますが
ご祝儀袋にも質素なものと、豪華なものがあります。

包む金額によって使い分けるのですがその目安をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左は1万~3万包む場合の御祝儀袋になります。
紅白、または金銀の水引と短冊のみのシンプルなご祝儀袋です。
結婚式に欠席した場合のご祝儀袋として一般的です。

右は3万~5万円包む場合のご祝儀袋です。
金銀の水引の基本の形に装飾を施したご祝儀袋です。
表書きの部分が短冊ではなく、檀紙(波状に折り込まれているもの)になっているものは格が高くなります。
一般のゲストが最も利用するご祝儀袋になりますね。

そして5万円以上包む場合のご祝儀袋は
華やかな飾り結びの水引、 上質な和紙が使われているタイプ、 鶴や亀などの縁起物が描かれているご祝儀袋が適しています。

結婚式用のご祝儀袋の書き方

表の書き方

表書きは黒の毛筆や筆ペンで、名前は誰が見てもわかるようにはっきり書きます。

名目は印刷されていることが多いですが自分で書く場合は水引の上に「寿」「御祝い」などにし
4文字の「死文字」にならないように気を付けましょう。
短冊であれば短冊に書きます。

水引の下には名目より少し小さめに、自分の名前をフルネームで書きます。

2名の場合、目上が右になるよう二列で書きます。
夫婦の場合は右側に夫、左側に妻の名前を書きます。

3名の場合、3列で書き、目上の人が一番右になります。
家族で書く場合は右から夫、真ん中に妻、左に子供の名を書きます。

スポンサーリンク

4名以上の連名の場合は代表者の名前を中央に書き、その左側に「外一同」と書きます。
そして別紙に全員の名前を書いて中袋に同封します。
家族4人以上の場合は代表者の名前だけを書いて左側に「他家族一同」と書きます。
他の家族の名前は別紙に書いて中袋に入れます。

ご祝儀袋には、表書きの文字が入った短冊のほかに、無地の短冊が入っている場合があります。
これは失敗したときのための予備ではなく、表書きの短冊の下に重ねるためのものです。
「喜びが重なるように」という意味を表しています。

同様に、表の包み紙(たとう紙)も二重に重ねてあるものが正式です。
ですが、現在はあまり気にされなくなっているマナーでもあるので、1枚だけはさんでも問題はありません。

中袋の書き方

中袋も毛筆や筆ペンで書くのが理想ですが
読みづらくなるようであればサインペンでも大丈夫です。

中袋の表には旧字体(漢数字)で「金○萬円」と書くのが正式です。
しかし現在はそうでなくても大丈夫なようです。
10万円以上の高額の場合は「金○萬円也」と也をつけることもあります。

一/壱 二/弐 三/参 五/五または伍 六/ 七/ 八/ 十/拾 円/圓

裏の左下には住所と氏名を書きます。

中袋に入れるお札はすべて向きをそろえて新札で入れます。
新札は銀行や郵便局で手に入れることができます。
また忘れた人のため用か、会場でも用意しているところがあります。

 

 

 

 

 

 

上記の画像のように、中袋を開いたときに、肖像が印刷されている面が上 になるように入れましょう。

ご祝儀袋の渡し方

中袋も書き終わりましたら包むときに注意してください。

上包みの裏側に注目です。折り曲げ方が逆になるとお悔やみ用になってしましますので気を付けてくださいね。

ご祝儀袋が用意できましたら、できれば袱紗、なければハンカチで包んで持ち歩きます。
袱紗は今後必要な場面が出てくると思いますので
大人のアイテムとして一つは持っておきたいです。

一般的に赤やオレンジなどの暖色系が慶事用、
紺や緑などの寒色系が弔事用となります。

紫色は慶事・弔事どちらにも兼用できるため、おすすめの色ですね。
包み方ですが布状になっているものであれば
まず袱紗をひし形に置きます。その上に少し中央より左寄りにご祝儀袋を置きます。
そして左→上→下→右の順に袱紗で包みます。
封筒型の袱紗であれば袱紗の口を右側にしご祝儀袋を入れます。

布も、封筒型も反対から入れると弔事用になってしまいます。

ご祝儀は会場の受付でお渡しします。渡す直前まで袱紗からは出さないでください。

最初に「本日はおめでとうございます」などお祝いの言葉を述べます。

受付担当者の前で袱紗を開けてご祝儀を取り出し、袱紗を畳みます。
畳んだ袱紗の上にご祝儀を置いてもいいです。
そして受付の方に表書きが読める向きにして両手で渡しましょう。

やむを得ない事情で結婚式を欠席する場合
ご祝儀の渡し方として、直接会うことができれば謝罪も込めて手渡します。

遠方や、多忙などで直接会うことが難しい場合は郵送になります。

郵便局の現金書留を利用し、結婚式の一週間前くらいまで届くように送ってください。
その時お祝いと謝罪のメッセージも添えてくださいね。

まとめ

最近は100均でも素敵なご祝儀袋が増えたなと感じます。

デザインも豊富になり横書きのご祝儀袋も出ているんですよね。
その時はアラビア数字を使用したりします。

基本的に購入したご祝儀袋にも説明がついていますが

今回ご紹介した内容も合わせて参考になればと思います。

スポンサーリンク

-結婚式
-

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。