生活の中で気になることを調べています。

Women Life

ファッション

浴衣を涼しく着るには?その工夫と方法 暑さ対策グッズなどご紹介

更新日:


夏祭りやイベントで浴衣姿を見るのはとても涼しげで素敵ですよね。

私も着たいなとは思うのですが
最近の日本は異常なくらいまでの暑さです。

浴衣は見ている人にとっては涼しげですが、着ている本人は暑くて暑くて…
熱中症になってしまう可能性もあるので躊躇していました。

そうなってしまったらせっかくのお祭りや、イベントが台無しですものね…

ですが、せっかくの浴衣を眠らせているのもかわいそうなので
「今年こそは浴衣を着よう!」と思い
浴衣を涼しく着る方法を調べてみました。

スポンサーリンク

浴衣を涼しく着るにはどうしたらいいの?

浴衣の素材を涼しいものにする

私はすでに浴衣を持っているのでできないのですが
これから購入を考えている方は吸汗速乾性のある生地で作った浴衣をおすすめします。
最近の技術は素晴らしいですね。

さらっとした肌触りで汗を吸ってもすぐに乾くので蒸れなさそうです。

また少しぼこぼこしたような生地は肌につきにくいのでさらに涼しくいられるようです。

ところで私のはそういった生地の浴衣ではないので
こちらのシリーズが気になっています。

ひんやりシャツシャワー 本体(500mL)【ひんやりシャツシャワー】
ひんやりシャツシャワー 初恋シャボンの香り 本体 500ml
ひんやりシャツシャワー 北見ハッカ 本体 500ml
ひんやりシャツシャワーストロング 500ml
パッケージの顔で商品の特徴を表しているところが好きです。
衣類にスプレーするだけで、汗をかくたびヒンヤリ冷涼感が得られ消臭もしてくれる優れモノです。

浴衣を着る前にシャワーを浴びる

さっぱり汗を流した後に清涼感のあるローションなどを塗ります
制汗剤や汗脇シートなどで汗染み対策もしておきます。

左右の脇や脚のつけ根、首は見えてしまうので首後ろ下あたりに
冷感シートを張るのも効果的なようです。

下着は冷感インナーでブラカップ付きのものにする

浴衣を着る場合、和装の麻の下着が着崩れしにくく良いのかもしれませんが
私はユニクロのエアリズムが個人的に好きです。
またブラジャーをするよりはカップ付きのものにすると苦しくなく着られるのでおすすめです。
できれば脇の汗取りができるものを選ぶといいですね。

下も冷感素材のスパッツやペチコートなどを履いておくと
汗を吸収してくれるので蒸れなさそうです。。

胸紐の代わりにコーリングベルトなどの伸縮性のあるもので着付ける

コーリングベルトは着物の着崩れを防止する際に使用するもので
両端に生地をパチッと止められる金具がついています。

コーリングベルトでなくても伸縮性のある紐で着付けることで浴衣をゆったりと着ていられます。

スポンサーリンク

前板やタオルはなくても大丈夫

帯の部分は一番熱がこもりやすいので、この2点はなくても大丈夫かなと思っています。
綺麗に着ようと思うと必要になってきますし、タオルがあることで汗を吸い取ってくれる効果はあるのですが
やはりあると暑そうです。

もしタオルをした方がよさそうなら
冷感タオルを使ってみようかと思います。

髪型はアップにする

髪をあげると首筋が涼しくなりますよね。
うなじが見えるアップは色っぽくて浴衣の装いにとても似合います。

暑さ対策グッズ

次は持ち歩き用のアイテムのご紹介です。

凍らせたペットボトルの飲み物

熱中症対策にはこまめな水分補給が大切です。
水分を取りつつ体を冷やすのにはちょうどいいアイテムです。

冷やす部分は太い血管の通っている部分が効果的です。
脇、首後ろ、脚の付け根などに冷たいもので冷やすと直ぐに体温が下がります。

保冷剤

溶けてくると水滴が出て濡れてしまう可能性がありますが
布でくるんで着物と帯の間に挟んで冷やしたり、手で持って冷やしたり便利です。
ただ長時間冷たさが持続しないのが残念ですが。

瞬間冷却パック

こちらはここぞという時に使用できる叩くと冷たくなるアイテムです。
こちらも数時間で冷たくなくなってしまいますが
自分のタイミングで使えるのがいいですね。

スプレーやシート

冷却スプレーやシートなどを使う。
服を着たまま冷却できるアイスノンジェットコールドなどのスプレーもあるんですね。
最近購入して良かった商品は虫よけシャツミストこちらは子供の保育園の虫よけ対策で使っているのですが
ひんやりする上、虫よけにもなる一石二鳥の商品でお気に入りです。

霧吹き+扇子や団扇

浴衣と言えば扇子や団扇などがお似合いですよね。
仰ぐだけでも涼しくなりますが、顔や肌に霧吹きでシュッとした後に
仰ぐとさらに涼しくなります。
こちらの容器は100均で手に入ります。

顔に汗をかかない!?化粧崩れを少しでも防ぐ方法

京都の舞妓さんがやっているという半側発汗を使った圧迫方法です。

半側発汗とは体の片側を押さえると反対の片側だけが汗をかくという作用のことなのですが
舞妓さんは脇の下から胸上5cmをぐるっとゴム紐で巻いて圧迫することで、脇と顔汗を押さえているようです。

ちょうどチューブブラトップの位置なのでこちらを着用しても
効果が得られかもしれません。

しかし化粧崩れがある程度防げるとしても
反対側の下半身が汗をかくということになり
どちらがいいかは人それぞれですね。

また長時間汗を止めてしまうと汗腺機能が鈍り、
蒸発しにくいベタベタした臭いのある汗になるので注意してください。

まとめ

年々日本の夏は暑くなっているような気がします。
私が子供のころはこんなに暑くなかったような気がするのですが…?

浴衣や着物でも過ごしやすい夏に戻ってほしいものです。

それでは最後まで読んでくださってありがとうございます。
熱中症にはくれぐれも気を付けてお祭りやイベントに行ってくださいね。

屋内でも熱中症になりますから水分補給はマメにしてください!

スポンサーリンク

-ファッション
-

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。