生活の中で気になることを調べています。

Women Life

病気

甲状腺に腫瘍で細胞診検査をやりました。その結果は?手術するの?

更新日:


甲状腺の腫れは結節性甲状腺腫というしこりでした。

私の場合、甲状腺左右あるうちの両方ともにしこりがいくつもできている
腺腫瘍甲状腺腫というものでした。

今回は血液検査、超音波エコー検査の後にやった
細胞診検査について書いていきます。

スポンサーリンク
  

甲状腺に腫瘍があったので細胞診検査をやりました

腺腫瘍甲状腺腫というのはしこりがいくつかある状態
たくさんできると甲状腺が腫れたようにみえることもあるそうです。

私のはそういった状態のようで
左右両方にあり、特に右側が4.5cmと通常の倍はある大きさでした。

細胞診検査は直接甲状腺のしこりに針を刺して細胞を採り検査するのですが
痛いかというとそれほどでもなかったですが
全く痛みがないわけではありませんでした。

細い針で刺され動かされている感覚はあります。
痛いというより嫌な感じでした。

細胞を採ること自体は直ぐに終わりました。
待ち時間に関してはそんなに待たなかったと思います。
それでもトータル1時間以上はありましたが…

甲状腺の細胞診検査の結果は

また日を改めて検査結果を聞きに行きました。

ここで良性なのか、悪性なのかわかるので診察室に入る前は緊張してましたね。

それで検査結果なのですが
左は良性

右は濾胞性で
良性か悪性化は判断できないということでした。
先生は「多分良性だと思うけどね」とおっしゃってましたが

スポンサーリンク

(多分って、それをじゃ困るんですけど…)

手術をした方がいいの?しなくてもいいの?

医師には手術で全部とることを勧められました。

とりあえずその場で判断はできないので
持ち帰って考えることにしました。

医師が全摘出を勧める理由として
腫瘍は小さくならないがこのまま放っておくと大きくなる可能性がある
・手術には体力がいるので歳をとってするより若いうちにやってしまった方がいい
・全摘出した方が薬の調整が楽なこと

私が懸念する理由は
・特に体に異変がない(少し首が太く見えるだけ、ほとんどの人が気付かない)のに取ってしまうのに抵抗がある。
・薬で甲状腺ホルモンを補うが、生涯薬を飲むのには抵抗がある。
・体の一部をとってしまうのだから色々と体調不良が起きそうで不安
などです。

また「子供を産みたい」と考えた時に産めるのか
という点は「大丈夫産めますよ」とのことでした。

もし手術をするとして
全摘出か、良性か悪性か分からない右のみ摘出するか
でも悩みました。

一部取った人の8割は薬を飲まずに生活出来ているそうです。

片方残した場合
・将来的に大きくなる可能性があり再度手術をする可能性がある。
・もし薬を服用することになると、甲状腺が片方あるため薬の調整が難しい可能性がある
・残した甲状腺の腫瘍が悪性になる可能性がある
などです。

まとめ

私の場合、子供が小さいのでその点でも悩みました。

手術をすると一週間は入院することになります。
しかも小学生以下の子供の面会は個室のみ30分だけです。

母乳育児も終わっていなかったのでこの時点では直ぐに手術は考えられませんでした。

ですが伊藤病院で手術をする場合
あいているのが半年後ということだったので
とりあえず手術の予約だけ入れておきました。
次回は手術前の検査です。

スポンサーリンク

-病気
-

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。