生活の中で気になることを調べています。

Women Life

健康

夏バテ症状は自律神経の乱れ 自律神経を整えるには?

更新日:


夏バテの代表的な症状として
体がだるい、疲れが取れないなどの症状があげられます。

これは食欲がなくなったり、暑さで眠れず寝不足になったりと
色々な原因が夏バテの症状を引き起こしています。

複数の原因が重なって夏バテになるのですから
今年はそれらの対策をして夏バテ知らずの体を目指しましょう!

スポンサーリンク
  

夏バテの症状には自律神経の乱れが関係している?

自律神経ってよく耳にしませんか?

夏バテはこの自律神経の乱れにより起こります。

自律神経は体が興奮したり、緊張したりした時に活動が大きくなる交感神経
逆にリラックスしていたり、寝ていたりしているときに活動が大きい副交感神経の二つのことを言います。

この自律神経の役目の一つに気温に合わせて体温を調節する働きがあります。

なので暑い所にいたり、そこから急に涼しい室内に入ったりを何度も繰り返していると
自律神経がおかしくなってしまうんですね。

自律神経が乱れてしまうとめまい立ち眩み
体がだるい胃の調子がおかしい食欲がなくなるなどにつながっていきます。

また食欲がないので冷たいものを食べたり飲んだりすると
胃腸が冷えて消化機能が弱まり食欲がさらになくなります。

食欲がなくなると体力が落ちていきます。

血液やホルモンバランスにも異常が出て
足腰の冷え、頭痛、身体のだるさを感じるようになります。

負の連鎖ですね…

夜になっても日本の特に都心の夏場はあまり涼しくならないため
暑さによる寝苦しさから睡眠不足、体力消耗につながります。

それがさらに体のだるさや疲れやすさにつながるんですね…

ではいったいどんな対策をしたらいいのでしょうか。

夏バテ対策は屋外と屋内での体温調節が大事

屋外と屋内の温度差は5℃以内にすると体温調節が上手くいくようですが
実際はそんな都合よくできませんよね。
オフィスや公共の場ではなおさらです。

対策としては屋外に出るときは体を冷やすグッズを使い

スポンサーリンク

冷房の効いた屋内にいるときは体を温める対策を自らしないといけないということです。

特に女性は自律神経が乱れやすいのでしっかり対策を行ってください。

運動や食事の対策をするよりも始めやすいと思います。

屋外

風通しの良いまたは吸汗速乾性の高い服装にし
直射日光が当たらないように日傘や帽子などを利用しましょう。

扇子などを利用しましょう。こちらは持ち運びがコンパクトでいいですね。
自分で仰ぐのが嫌だという方は電池式の小型のファンがおすすめです。

保冷剤などを活用しましょう。
凍らした500mLペットボトルもおすすめです。
首回りや脇、背中、太ももの付け根など血管の太い効率の良いところに使用することで体温が下がりやすくなります。

暑さ対策グッズは様々なものが出ています。
冷感タオルは一枚くらい持っていてもいいかもしれませんね。

屋内

なるべく寒くなくても冷房などの風が直接当たらない場所にいるか
カーディガンやジャケットなど上着を着用して当たらないようにしましょう。

またスカーフやストールなどで首や肩を守ると頭痛や肩こりが起きにくくなります。

デスクワークの方は靴下やひざかけ、薄手の腹巻き、携帯用カイロなどを用意して
下半身を冷やさないようにしておきましょう。

靴下は圧がかかるものを履いておくとむくみや、だるさが軽減するので立ち仕事の方にもお勧めです。

夏バテ対策には汗が出る体づくりが大事

夏バテ対策には汗を出すことも重要です。
自律神経がきちんと体温調節をしていると汗がきちんと出てきます。

逆に言えば早くから汗が出るということは自律神経がうまく働いているんだなと思ってください。

日本のような高温多湿の環境は汗の出口周辺が詰まって汗を出しにくくします。
また長時間の直射日光は汗が過剰に出て水分不足を起こしてしまいます。

屋外に出るときは一番暑い時間帯11時から14時は避け
屋外と室内の温度差が小さいときに対応することで
徐々に身体に暑さを慣れさせ、自律神経への負担を減らしてください。

できれば毎日40度以下のぬるめのお湯にゆっくりつかり
1週間に30分以上の運動を2日以上することで
汗が早く出る体になっていきます。

早めにたくさんの汗が出ると、体温調節が素早くでき、体温が上がりにくくなります。
そうなると温度差による自律神経の負担も軽減されます。

まとめ

女性は汗の臭いが気になり、汗をかくことを嫌う方が多いですが

汗をかくことは夏バテ対策には重要なんですね。

汗は放置しておくと臭いのもとになりますが
きちんと拭けばほとんど臭いは気になりません。

汗をかかないで夏バテになるより汗をかいた後の対策に
気を遣っててみませんか?

スポンサーリンク

-健康
-

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。