生活の中で気になることを調べています。

Women Life

健康

夏バテ対策に食事を見直してみよう!おすすめの食材と料理

更新日:


夏バテ対策には食事も重要になってきます。

1日3食、色々な食材を取ることで夏バテ解消になります。

食べる行為はエネルギーを作り出し内側から体を温めてくれますので
体温の低い人や冷え性の人は朝からきちんと食事をとることがおすすめです。

ここでは簡単においしく、ダイエット効果もある一石二鳥のおすすめ料理をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

夏バテ対策には食事も見直してみよう!

夏バテになってしまう原因に偏った食事や、食欲不振から食事ができないなどがあります。
水分補給も大切ですがしっかり、そして色々な食材を使った食事をとることを心がけましょう。

ですが、食べたくないと思ったときは食べられるものを探して食べてください。
食べないよりは何か食べたほうがいいです。

また食べたくなくなる原因に、冷たいものや甘いもの、水分の取りすぎがありますので
そういった原因に思い当たる方はそこからまず改善していってください。

夏バテに効果的な食材として
肉・魚・卵・納豆、豆腐などの大豆製品、乳製品があげられます。

これらにはたんぱく質が多く含まれています。

糖質や脂質は体に蓄えることができますが、たんぱく質は蓄えることができません

ですから食事ができないとたんぱく質が不足してしまいます。

たんぱく質は意識して取ることをおすすめします。

もも肉やヒレ肉、鶏むね肉やささみなど、脂身の少ないものにはたんぱく質が豊富です。

特に豚肉はビタミンB1が豊富に含まれるため、疲れを感じたらこちらを取るといいかもしれませんね。
ビタミンB1には炭水化物の糖質をエネルギーに変換してくれるとともに、大きな疲労回復効果があります。

食欲がないという方には
香辛料や香味野菜を試してみてはいかがでしょうか。

コショウやトウガラシ、ニンニク、ワサビ、ショウガ、ネギ、シソ、カレー粉など
胃液の分泌を促進し、食欲をわかせます。

また酸味や、だしを利かせた食べ物もおすすめです。

疲れが取れないときにおすすめの食材

たんぱく質ばかり食べていては偏った食事になります。

スポンサーリンク

汗などで出て行ってしまうミネラルや、栄養を取り混むために必要なビタミンもきちんととっていきましょう。

特にビタミンB群はエネルギーを作る助けになりますので疲労回復にもとてもいいです。

豚肉、レバー、マグロ、カツオ、ウナギなどに多く含まれ
ネギやにんにくなどと一緒に食べるとビタミンB1の吸収がよくなります。

夏の旬の野菜はカロテン、ビタミン、食物繊維、カリウムなどのミネラルが
多く含まれているため摂り入れたい食材です。

梅干しやお酢、レモンなどに含まれる酢酸やクエン酸も
疲労の原因になる乳酸を分解してくれる働きがあるのでおすすめです。

私が今はまっているトマトも旬の野菜なので夏バテに効果的です。
リコピン、βカロテン、ビタミンC、カリウムなどの豊富な栄養素が含まれています。

以前は生のトマトが苦手でしたが
最近のトマトは甘みが増して生でも食べやすくなりました。

トマトは水分が多く、酸味もあってさっぱりしているので夏バテの時でも比較的食べやすいです。

しかし、夏バテには「これ!」というおすすめ食材でもそればかり食べず
毎回違う食材をバランスよく食べるのが夏バテ対策になります。

なんでも摂りすぎはよくありません。

お肉、野菜、フルーツなどいろいろなジャンルの様々な種類を摂るように心掛けてください。

食欲がないときにおすすめしたい料理

食欲がわかないときは固形のものより
柔らかく具材を煮込んだスープ料理なら食べられたりしませんか?

私がダイエットもかねてよく作る脂肪燃焼スープは
トマト味のコンソメスープなのですが

色々な食材が入り、作り方も食材を切って煮込むだけなので
とっても簡単で夏バテ対策にも良いと思います。

私は炊飯器を使用しているので夜に仕込んで
翌朝、スープ用のお弁当に詰めて職場に持って行ってます。

ダイエット用は肉は入れないのですが
ここにお肉を入れたら夏バテスープの完成です。

ぜひおすすめしたいメニューですのでトマトが苦手でなければ一度試してみてくださいね。
レシピについてはこちらを参考にしてみてください。

そしてこちらは料理ではないのですが
米麹から作られた甘酒はビタミンB群が含まれ栄養があります。

どうしても固形のものが食べられないときにおすすめです。

ただカロリーが高いので飲みすぎに注意してください。
朝に飲むといいと思いますよ。

まとめ

今回は食事の面から夏バテ対策をご紹介いたしました。

食事に興味がなかったり好き嫌いが多いと
色々な食材を食べることが難しいかもしれません。

ですが夏の暑い時期を元気に乗り越えるために一緒にがんばりましょう!

スポンサーリンク

-健康
-,

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。