生活の中で気になることを調べています。

Women Life

病気

熱中症症状と対処法をご紹介子供やお年寄りは要注意!

更新日:


日本の夏は本当に暑いですね。
こういった高温多湿の環境は熱中症にとてもなりやすいです。

熱中症は私たちの身体が環境に適応できないことで起こる
様々な症状のことをいいますが

皆さんは熱中症対策をしていますでしょうか?

小さいお子さんは体温調節機能が十分に発達していないため
熱中症にかかりやすいです。

大人が注意深く見守り対策、予防をしてあげることが重要になってきます。

スポンサーリンク
  

熱中症症状と対処法をご紹介子供やお年寄りは要注意

熱失神の症状

熱中症の初期症状にめまいや立ち眩み、一時的な失神があります。

これは炎天下や暑い室内で体内に熱がこもり
頭の温度が上がることで引き起こされる熱失神と呼ばれるものです。

めまいや失神が起こるだけでなく全身がだるい
吐き気や嘔吐、頭痛、腹痛などの症状も一緒に出てきます。

これは暑さで火照った体の熱を下げようとして
全身を流れる血液の量が減り、脳へ行く血液も少なくなって起こる現象です。

この変化により血の気が失せ、呼吸回数が増え、脈が速くなり、唇のしびれなどを起こし
めまいや失神へとつながります。

子供の場合は遊びに夢中になりすぎ、喉の渇きや気分の悪さなど
熱中症サインに気づくのが遅くなります。

また大人よりも新陳代謝が活発なため、汗や尿として出ていく水分が多く
脱水を起こしやすいです。

自分から水分を欲しがるのを待つのではなく、マメに水分補給をさせてください。

子供の場合は元気に遊んでいたのに
急に立ち止まってぼうっと焦点の合わない目をしていたら要注意です。

意識の確認
この場合まずは意識がはっきりしているか名前を呼んで確認しましょう。
この時点で意識がもうろうとしているようであればすぐに病院へ行ってください。

安全で涼しいところへ移動
意識がはっきりしている場合は安全で涼しいところ
クーラーの効いた部屋や日陰などに移動しましょう。
ふらついて転倒する恐れもあるので、一人では歩かせず支えてあげてください。
大人の場合は両側から二人で支えると安全です。

横になって休ませる
次に衣服を緩め、足の下にはクッションなどを置き、足を10cm高くして仰向けになって休ませましょう。
こうすることで心臓への血流が良くなり脳への血流も改善していきます。

体を冷やす
保冷剤や冷たいペットボトルなどにタオルやハンカチを巻いて
体を冷やしてあげましょう。
首筋や脇の下、脚の付け根など太い血管が通っている部分を冷やすと
直ぐに体温が下がりやすくなります。

スポンサーリンク

水分補給をさせる
ただの水ではなくスポーツドリンクや0.1%~0.2%の食塩水を飲ませます。
OS-1などの経口補給水は効果的です。

以上のことをすると多くの場合、改善します。
しかし、しばらく様子を見て、症状が改善しなければ病院を受診しましょう。

熱性けいれん症状

大抵は意識がはっきりして、高体温でもないですが
手足の筋肉がピクピクとけいれんを起こしたり、つったり、しびれたりなどの症状が出る場合があります。

また筋肉が硬くなったり、筋肉痛のような痛みが出たりと部分的に生じます。

暑い中、たくさん汗をかいてミネラルが出ているにもかかわらず
水のみを補給し、塩分が補給されなかった場合に起きる症状で

熱性けいれんと言います。

大量の汗をかくと、体内から水分と一緒に塩分も失われます。
これにより血液中の塩分濃度が下がり手足の筋肉の収縮が起こって熱性けいれんが生じます。

熱性けいれんを起こしてしまったときの対処法
基本的に熱失神の時と同じです。

注意したいのは熱性けいれんの場合、水分補給は大切ですが
水だけの補給ですとさらに体の塩分が薄まってしまう可能性があります。

水だけではなく塩分補給も大切になってきますので注意してください。

熱疲労症状

体がぐったりし、力が入らない。吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります。
大量に汗をかいたことにより重症の脱水症状を起こしているため

熱疲労対処法

熱失神と同じように対処してください。

水分補給は塩分を含んだものでしてください(スポーツドリンクで構いません)。

また、脳に血液が回りにくくなっているため、足を高くするのは効果的です。

熱射病症状

ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなど、
汗のかきかたに異常がある場合には、熱中症にかかっている恐れがあります。

体温が高くて皮ふを触るととても熱い、皮ふが赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです。

声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。
または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常があるときは
重度の熱中症にかかっており命の危険性があります。

熱射病対処法

不自然な言動や意識障害もみられる熱射病は、命の危険性のある重症の熱中症です。
すぐに救急車を呼びましょう。

到着するまでの間、首や脇の下、脚の付け根に氷や保冷剤などを当て、体温を下げます。

意識がはっきりしないうちは水分補給は避けましょう。

まとめ

小さな子供や高齢者の場合
脱水症状になっていても身体が反応していない場合があり
熱中症のレベルが思っていた以上に悪いことがあります。

もし乳幼児や高齢者が炎天下で体調が悪いようであれば
かならず病院に連れて行くようにしてください。

スポンサーリンク

-病気
-

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。