生活の中で気になることを調べています。

Women Life

園芸

虫よけハーブは実際に効果があるの?虫よけハーブのご紹介と使用方法

投稿日:


おうちに赤ちゃんや小さな子供がいると
虫よけ材って極力使いたくないですよね。

子供がいないときは平気で殺虫剤をスプレーしていましたが
赤ちゃんがいると害がありそうで躊躇してしまいます。

しかし最近は蚊が媒介の病気が日本でもニュースになっているので
もし子供が刺されでもしたら心配です。

そこで子供にも比較的安心な虫よけハーブをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

虫よけハーブは実際に効果があるの?

実際にベランダや庭で虫よけにも効果のるハーブを育てている方たちは
ハーブに虫がついている、虫を見かけるなど
効果は実感できていないようです。

しかし、お店では虫よけとして紹介されていたりしますよね。
一体どういうことなのでしょうか。

虫よけに効果があると言われるハーブには
においを発して自分自身を害虫から守る忌避効果というものがあります。

そのため風通しが良いところでは臭いは拡散されますし
広い場所ではあまり効果が期待できないです。

また植物は生き物ですので、その日の状態や育て方でも差は出てくるかと思います。

化学製品で虫よけの効果を知っている人にとっては
ハーブの力はさほど感じられないというのも事実です。

ハーブはドラッグストアーなどで売られている虫よけ製品と合わせ
プラスαの気持ちで考えてください。

虫よけ効果のあるハーブ

ローズゼラニウム(カレンソウ)

ヨーロッパでも窓先によく見かける可愛い花の咲く植物です。
香りには種類がありますので実際に確認してから好みのものを購入してください。

プランターや直接庭に植えてもよく育ちます。
鉢植えなどで玄関先や窓のそばに置いておくのもおすすめです。

つみ取った葉を部屋においておくのも効果的です。

ペパーミント

ミントにはメントールという成分が含まれていて、
特にペパーミントは含有量が多く虫に対する忌避効果が期待できます。

ペパーミントは繁殖力が非常に強く、育てやすいです。

お庭やプランタンでの栽培も放置状態でどんどん増えます。

スポンサーリンク

あまりにも繁殖能力が強いので寄せ植えには向きません。

ミントを煮出し、その液をスプレー容器に入れて虫に直接かけてもいいですし
液を浸した布で直接体を拭くと、スっとして清涼感があり気持ちいいです。

人によっては強すぎて肌に合わないということもあるので
必ずパッチテストをしてから利用しましょう。

ローズマリー

香りが強く、繁殖能力も強い育てやすい植物です。
お肉の香り付けとして料理などでも使われます。

手に入りやすく、育てやすいです。
葉を触っただけでいいにおいがつきます。

レモンユーカリ

ユーカリの中でも虫が嫌がる成分のシトロネラールが多く含まれています。
人にとってはさわやかな香りと感じる柑橘系の香りです。

ユーカリはやや刺激が強いので赤ちゃんや妊娠中の方は使用に注意してください。

虫よけスプレーの作り方

虫よけ効果のあるハーブはただベランダや庭で育てているよりは
成分を抽出して利用する方が効果的です。

ベランダのハーブを利用した簡単な作り方

ハーブを摘み取ってきて、鍋に水とハーブを入れて煮るだけです。

その煮汁を使い部屋に散布すると虫が近づきにくくなります。

こちらは冷蔵庫での保存で1週間ほど使えます。

エッセンシャルオイルを利用して手作りする方法

用意するもの
・レモンユーカリのエッセンシャルオイル(天然由来100%精油)
・無水エタノール
・精製水45ml(または水道水)
・スプレー容器

スプレー容器に、無水エタノールを5ml入れ、エッセンシャルオイルを3~5滴入れよく混ぜます。
さらに精製水45ml入れて振って混ぜます。

水と油を混ぜるので混ぜる順番が重要です。

使うときによく振って下さい。

レモンユーカリの精油で注意したいこと
天然由来100%でないと効果が期待できません。
また柑橘系の精油には光毒性があるため日中の使用は注意が必要です。
人体に使うのはおすすめできませんが
使うのであれば「FCF(フロクマリンフリー)」というものを使ってください。

乳幼児や妊娠中の方は直接使わないようにしてください。
間接的に使う場合も注意して使用してください。

まとめ

同じ香りを長い間部屋で使っていると、
家の中にいる虫はその香りに慣れてしまい効果が弱くなる可能性があります。

たまにはブレンドや他の香りに変えると気分も変わっていいと思いますよ。

スポンサーリンク

-園芸
-

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。