生活の中で気になることを調べています。

Women Life

生活

ワンプッシュ殺虫剤の効果と安全性 赤ちゃんがいるお家でも大丈夫?

更新日:


1回プッシュするだけで部屋に殺虫成分が空間に広がり
空間に害虫がいなくなるという商品を購入してみました。

商品の子供に関する説明には

「使用中、使用後は乳幼児や小児の手に触れさせない」

とあるだけなので子供がいるお家でも使用して良さそうです。

しかし親であればちょっと心配ですよね。

実際のところ使用しても問題はないのでしょうか?

スポンサーリンク
  

ワンプッシュ殺虫剤の効果

家庭用殺虫剤には、さまざまな殺虫成分が使用されていますが
そのなかでも最も多く使用されているのがピレスロイド系の殺虫成分です。

今回私が使用したものも主成分はピレスロイド系の殺虫成分トランスフルトリンになります。
実際に使用してみて
「そういえば虫がいない」という感じですが
効果はありそうです。

ピレスノイドは蚊とり線香の原料として使用された
シロバナムシヨケギク(除虫菊)の花に含まれる成分とよく似た作用・構造の化合物のことです。

害虫に対して殺虫効果や忌避効果を示し、古くから家庭用殺虫剤の殺虫成分として使用されています。

ピレスロイド系の殺虫成分の特長として
・速効性で、早く効果があらわれる
・物陰から害虫を飛び出させる効果(フラッシングアウト)がある
・忌避効果(虫が近寄らない)がある
・人に対して毒性が低く安全である
・自然界における分解が速く、環境にやさしい
などがあげられます。

ピレスロイド系の化合物にはいろいろあり
アレスリン、フェノトリン、メトフルトリン、トランスフルトリン、イミプロトリン、ペルメトリンなど
それぞれの特長を生かして、様々な家庭用殺虫剤の殺虫成分として使用されています。

殺虫剤成分ピレスノイド系の安全性

それでは、人に対する安全性は、どうでしょうか。
ピレスロイド系の殺虫成分は、虫の神経系に作用して殺虫効果を示すものです。

スポンサーリンク

脂溶性が高いため皮膚からはゆっくりと吸収され
吸収されたピレスノイドはあらゆる組織に分布します。

しかし、人を含む哺乳動物に対しては、分解酵素の働きで速やかに代謝され
尿などで短期間に体内から排出されてしまいます。

そのため、人を含む哺乳動物には安全性が高いといえます。

もし殺虫剤にアレルギーがある場合
呼吸器症状や皮膚炎などのアレルギー症状が出る可能性はあります。

全く無害ではないですが
赤ちゃんがいるお家でもきちんと説明書通り取り扱えば問題はなさそうです。

ですが使用の際は使用する部屋に赤ちゃんがいないときに使うのが良いかと思います。

私は子供が保育園に行った朝にやりました。

またおもちゃにもかからないように注意してください。

ワンプッシュ式殺虫剤の事故例と対処法

比較的安全性の高い虫よけ剤ですが
子供による事故が多く使用には注意が必要です。

スプレー口を自分に向けて噴射してしまったり
子供同士のいたずらで吸い込んでしまったりする事例が多いようです。

またスプレーの方向を間違って人に向けてしまい眼に入ったり
ワンプッシュで良いところ、何度もスプレーして使いすぎてしまったり

虫よけと間違えて肌にスプレーしてしまったなど取り扱いの事故による副作用はあるようです。

皮膚についた場合

皮膚表面から吸収され、ついた部分にヒリヒリ感やしびれ、熱さ、痛みなどが現れることがあります。
これらの症状は通常24時間以内で消えることが多いようです。

もしついてしまった場合は直ちに石鹸と水で十分に洗ってください。

眼に入ってしまった場合

眼の刺激や灼熱感、痛みなどを感じる可能性があります。
直ぐに水洗いしてください。

吸い込んでしまった場合

喉の痛み、灼熱感、喉の炎症を起こしてしまう可能性があります。
直ぐにうがいをし、きれいな空気の場所に移動してください。

口に入ってしまった場合

灼熱感、のどの痛みのほか気持ち悪くなったり、嘔吐する恐れがあります。
直ちにうがいをし口の中をガーゼなどで拭ってください。

まとめ

殺虫剤よりは虫よけ対策が優先です。

それでも虫が部屋に入ってきてしまう場合に殺虫剤を使用してください。

やはり赤ちゃんがいるお家では使う場面が少ない方が良さそうですね。

スポンサーリンク

-生活
-

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。