生活の中で気になることを調べています。

Women Life

病気

とびひの症状と治療方法 保育園には行ってもいいの?プールは?

更新日:


夏の暑い時期になると小さな子供がかかりやすい皮膚病にとびひがあります。

一度かかってしまうと治すのが大変で
上手に治療しないと症状が長引いてしまいます。

とびひは細菌が皮膚に感染するとあっという間に広がってしまい
ヒトにうつる病気でもあります。

もし子供がとびひになってしまった場合どうしたらよいのでしょうか。

スポンサーリンク
  

とびひとはどんな病気?なぜなるの?その症状は?

とびひの正式名称は「伝染性膿痂疹」といいます。
火事の飛び火のようにあっという間に広がることから俗にとびひと呼ばれるようになりました。

とびひは虫刺されやあせもを掻いてしまうことや小さな皮膚の傷などに
細菌が入り込み感染してできてしまいます。

とびひには水ぶくれができるものとかさぶたができるものとあり
乳幼児に多いのは水ぶくれのタイプになります。

暑い時期になりやすく、この水ぶくれは簡単に破れ、放っておくと
あっという間に全身に広がってしまいます。

一方かさぶたタイプは子供にはできにくい皮膚炎ですが
アトピー性皮膚炎などがある場合ですとできてしまうことが多いです。
そして季節に関係なく急速に発症します。

症状としてはかゆみの他にリンパ節が腫れたり、発熱、のどの痛みを伴うことがあります。

もしとびひができてしまったらどうしたらいいい?とびひの治療方法

とびひの原因菌は鼻の穴の入り口付近にもあり
鼻をほじる癖があると鼻の穴の周りからとびひになりやすいです。

そのため鼻や目、口の周りから症状が出始めることが多いです。

とびひが1か所で子供の手のひらサイズの軽い症状であれば塗り薬のみで治療することが多いですが
症状が大きかったり、複数あると塗り薬に加えて飲み薬を飲むことがあります。

スポンサーリンク

とりあえず最初は自己判断せず皮膚科を受診しましょう。

飲み薬の中には抗菌薬が出ることもあります。

近年、抗菌薬の不必要な使い過ぎで抗菌薬の効かない細菌によるとびひが増えています。

お薬はきちんと医師の指示通り飲んでください。

それでも治らない場合、または悪化する場合は薬の効かない細菌の可能性もあります。
その時は再度皮膚科を受診するようにしてください。

軟膏を塗るときは水ぶくれの中の液を出さないよう、広げないよう周りから内側に向かって厚めに塗ります。

とびひを覆う際は絆創膏は使わずに必ず清潔なガーゼで覆ってください。
ガーゼを止めるテープはなるべくテープが肌に触れないようにすることが重要です。

皮膚に絆創膏やテープが触れるとその部分はとびひが広がりやすいからです。

ガーゼはとびひの液が外へ染み出さないくらいの厚さのガーゼをあててください。
1日2回程度交換すると良いです。

発熱などがなければお風呂は良くないですが、シャワーなら大丈夫です。
泡立てた石鹸でやさしく洗い、良くすすいであげてください。

この病気は清潔を保ことが大切です。

ガーゼの交換前にシャワーを浴びることができればいいですね。

また兄弟姉妹がいる場合は別に入り、最後に入浴させてください。

とびひになってしまったら保育園や幼稚園は行ける?

とびひは学校感染症に分類されていますが
症状の部分をきちんとガーゼで処置していれば保育園や幼稚園、学校を休む必要はありません。

しかし、症状が広かったり、発熱があったりと全身症状がのある場合は休ませた方がいいでしょう。

プールについては水を介してはうつらないのですが
症状を悪化させたりヒトと接触ことしたりすることでうつす場合があります。

とびひが乾燥してかさぶたが取れるまではプールには入らないでください。

まとめ

とびひは皮膚のバリアが弱い子供は何度もかかる病気です。

再発を予防するためには手洗いをきちんとし、できれば鼻をほじらないようにさせてください。

また爪はきちんと短く切っておくことも大切です。

とびひになる前のあせも対策はこちら
蚊による虫刺され対策についてはこちらも合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

-病気
-

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。