生活の中で気になることを調べています。

Women Life

生活

地震発生時屋外での対応と外出先での対応赤ちゃんのための持ち物紹介

投稿日:


普段から防災対策をしていると、いざという時とても役立ちます。

災害は外出中、仕事中、家の中、寝ているときなど
いつどこで起こるかわかりません。

家族の身を守るためにも普段から災害に備えて準備をしておきましょう。
今回は外出先での発災時での対応をご紹介いたします。

スポンサーリンク
  

地震が発生した時に屋外にいたら対応はどうすればいい?

防災対策グッズを用意している人であれば
家の中で地震が起こった場合のシミュレーションをしたことがあると思います。

しかし外出先で災害が起こった時を想定してシミュレーションしている方は少ないかもしれません。

建物の壁が崩れてきたり、地面が断裂して凸凹してしまったり
大きな地震が起きた時はそういった予想もつかないことがたくさん起こります。

それでは外出先ではどういったところに注意して災害対策を行ったらよいのでしょうか。

外出先での屋外で地震が起こった場合のチェックポイントとしては
倒れたり、落ちてくる物がないかの確認です。
建物のガラスや看板などが落ちてくることや、電柱やブロック塀、自動販売機が倒れてくることなどを想定してください。

古い建物は倒壊する恐れもあります。

とにかく頭を守ることが大切なため実際に地震が起きた場合はカバンなどで守ってください。

電車などで移動中に地震が起こった場合は
地震発生時、緊急停車します。

そのため網棚などの落下物に注意し、普段から吊り革や手すりには転んで怪我をしないよう常につかまっていると安心ですね。
また、あわてて外に出て行くのは危険です。
電車では車内放送を聞いてから落ち着いて行動するように心掛けましょう。

屋内では窓ガラスが割れて飛散する可能性もあるため窓側に立つ時は注意します。
屋内でも地震災害があった場合は
物が落ちてこない、倒れてこない、物が移動してこない場所、エレベーターホールなどへ素早く移動できるようにしておきましょう。
オフィスやジムなどではロッカーが倒れドアがふさがってしまう可能性、コピー機や椅子など大きな家具が移動してくる可能性
飲食店では食器類が飛んで割れる可能性など危険がいっぱいです。

非常口や階段場所などは普段から確認するように癖付けしておきましょう。

エレベーター内で起きてしまった場合は
行先の階ボタンを全て押し、最初にとまった階でおります。
もし閉じ込められてしまったらインターフォンを押して慌てず救助を待ちましょう。

トイレなどの個室もドアが開かなくなり閉じ込められてしまう可能性があります。
一緒にいる人がいれば普段から一声かけて行動するようにしましょう。

スーパーやコンビニなどでは陳列物の商品が飛んできたり、落ちてきたり
ショーケースが破損したりするため陳列棚から離れ開けた場所や柱に移動します。

動けない場合はその場でしゃがみ、買い物カゴやカバンなどで頭を守りましょう。

子供と移動している場合は揺れを感じたら子供と向かい合って
自分のお腹あたりに子供の頭を抱きかかえるように丸くなります。

子供と離れた場所にいるときはむやみに子供の名前を呼んでしまうとかえって子供が動いてしまい危険です。
揺れが収まってから子供のもとへ移動するようにしましょう。

スポンサーリンク

地震発生時直後外出先ではどう対応したらいいいの?

地震が収まってからも余震などが起こる可能性があります。
あわてず周囲の状況を確認し、まずは落ち着いて行動しましょう。

何が起きているのかを確認するために身の回りの安全が確認出来たら
デレビやラジオ、防災行政無線、行政のウェブサイトなどで情報を確認しましょう。

非常口には人が殺到し負傷する危険性があります。
あわてず冷静に非難するようにしましょう。

エレベーターはたとえ動いたとしても余震や停電で閉じ込められる可能性があります。
非常口から階段を使って非難するようにしましょう。

地震時に車を使っている場合は車を道路の左側に止めて
揺れが収まるまで待ちます。
その後、車をできるだけ道路外に駐車して非難します。

一般車両の使用は緊急車両の通行の妨げになりますし
道路の損傷や信号機が故障していれば交通事故などの二次災害になる可能性があるからです。

外出先で被災した場合は直後に移動すると道路が多くの人で埋まり
緊急車両の妨げになる可能性があります。
また余震に合う可能性もあるため会社や学校など安全な場所にとどまりましょう。

大災害発生時は帰宅困難者を受け入れる一次滞在施設が開設されます。
発災後4日目以降は帰宅困難者のために災害時帰宅支援ステーションが開設されます。
コンビニやガソリンスタンドなどで水道水やトイレなどを提供するシステムです。
そちらを利用するようにしましょう。

地震が外出先で起きた時でも安心赤ちゃんのための持ち物例もご紹介

外出先で被災することを想定してチョコレートやアメなどのちょっとした食べ物や水は用意しておくといいでしょう。
また職場のロッカーにスニーカーや防寒着を用意しておくなどもいいです。

安全性の高い格好としてはスニーカーやフラットシューズ、両手のあくショルダーやリュックスタイルです。
大判のストールは防寒の他にも粉塵による汚れを防いだり、マスク、包帯、日除け、ブランケット
避難所での間仕切りなどいろいろ利用できます。

妊娠中の外出はさらにマタニティーマークや母子健康手帳は忘れずにしてください。
貼り止め薬が処方されている方は自宅に帰れないこともあるため携帯するようにしておきましょう。

赤ちゃんや乳幼児の子育て中の方は
ベビーカーの移動であっても抱っこ紐は必ず用意しておきましょう。
前抱っこなら子供の頭を守りやすくなります。

いつものママバッグには普段から何を入れていますか?
こちらは災害時にも、とても活躍してくれます。
足りなくならないよう使った分は常に補充するようにしてください。

子供が離乳食を始めたばかりのころに私が常備していたものです。
・おむつ最低10枚
・おしり拭き
・授乳ケープ
・着替えセット
・スタイ
・タオルやガーゼ
・ビニール袋、ジップロック
・エプロン
・水
・粉ミルク
・お湯
・お菓子
・離乳食
・おもちゃ
・おくるみ
・母子健康手帳
・保険証、医療症
など基本的な持ち物です。
いつも大きいリュックに入れて持ち歩いていました。
ミルクと離乳食の両方ある時期が一番大荷物でした。

まとめ

災害は実際にあってみないとわからないこともありますが
あいたくはないですよね。

そのため経験者から得られる情報はとても貴重です。

日本は多くの人が被災しているのですからその経験が役立てるよう普段から意識しておくことが重要ですね。
災害時対策はライフスタイルに合った見直しを常にするようにしておきましょう。

スポンサーリンク

-生活
-,

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。