生活の中で気になることを調べています。

Women Life

病気

甲状腺の病気があると妊娠出産は大丈夫?子供への影響は?遺伝するの?

投稿日:


女性が甲状腺の病気になった時に気になるのが妊娠や出産への影響だと思います。

甲状腺ホルモンは卵巣への影響が大きく胎児の成長にも欠かせないホルモンです。
妊娠中は健康な女性でも検査項目にありますよね。

ここでは甲状腺の治療が妊娠や出産にどう関係していくのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

甲状腺の病気があると妊娠や出産は大丈夫?

橋本病など甲状腺ホルモンが不足している状態ですと無排卵となり妊娠しにくくなります。

逆にバセドウ病など甲状腺ホルモンが過剰だと早産や流産のリスクが高まります。

ですがこれらはきちんと治療を受けていないときの場合です。

適切な治療を受けて甲状腺ホルモンが正常に維持できれば不妊の原因にもなりませんし
妊娠も出産も胎児に悪影響を与えることなく行えます。

甲状腺の治療をしているにもかかわらず不妊の場合は甲状腺とは関係のない他の原因が考えられます。

治療中の薬ですが、甲状腺のホルモンを補うためのホルモン剤ですので胎児への悪影響はありません。
むしろ必要なお薬になります。

またバセドウ病の治療に使われる甲状腺ホルモンを抑える薬についてはどうでしょうか?

プロパジールやチウラジールの甲状腺ホルモンを抑える薬で
生まれてくる子供に奇形が発生する割合は飲んでいない妊婦と変わらないことが分かっています。

しかし胎盤を通じて胎児につながっているため胎児に薬の影響はあります。
そのため薬の用量を抑えることはあります。

甲状腺の治療をしている方が妊娠や出産で症状を悪化させないか心配になるかもしれませんが
そういったこともありません。

昔はバセドウ病が悪化するので中絶手術を行っていたこともあったようですが
現在は悪化する可能性からそういったことも勧められていません。

妊娠することで過剰なホルモンが正常になり薬の服用がなくなることもあります。

甲状腺の病気は出産後子供にも影響が出るの?母乳育児はできる?

甲状腺の病気の治療中に妊娠、出産した場合
子供への影響が気になりますよね。

甲状腺ホルモンを補う薬は妊娠中でも胎児に影響しないことはお伝えしましたが
母乳にも分泌しないため母乳育児でも赤ちゃんには問題ありません。

スポンサーリンク

しかし甲状腺ホルモンを抑える薬の中には母乳に含まれてしまうため注意が必要です。
メルカゾールを服用中で量が多い場合はプロパジールやチウラジールに切り替えるか
母乳をやめる必要があります。

いずれにしても出産後1~6か月は再発や一時的な変化を起こしやすいため
検査や受診が欠かせません。

自己判断で薬の量を減らしたり、母乳育児を中止するのはやめておきましょう。

母乳で育てるときは検査などで母乳があげられないこともあります。
人工のミルクも飲めるようしておきたいですね。

甲状腺の病気は遺伝が関係するって本当?

バセドウ病の母親から生まれてきた赤ちゃんが一時的に甲状腺機能亢進症であることがあります。

これは母親の抗体が胎盤から赤ちゃんに伝わるためで1~2か月ほどで治ります。
治療が必要でも一時的なものになります。

甲状腺の病気はある程度、遺伝も関係があると考えられています。

しかし同じ遺伝子を持つ一卵性双生児でも二人ともバセドウ病になる確率は35%で
親子であればさらに確率は低くなります。

必ずしも遺伝だけが原因ではありませんが
その原因が何かは、はっきりしていません。

遺伝も関係があるとなれば子供が同じ病気にならないか心配ですよね。

男の子の場合は発病しにくいと言われています。

これといった発病を予知する方法はないのですが
橋本病でもバセドウ病でも首の腫れが一つの目安となります。

子供に腫れがある場合は発病する可能性が高いため半年~1年に1回は医師に診てもらうようにしましょう。

腫れがなくても心配な場合は小学校入学前に一度、専門医に診てもらってもいいかもしれません。

中学や高校生くらいになるとかなりの女の子に首の腫れが見られますが
これは思春期性甲状腺腫と言い成長するにつれ自然に消えていきます。

しかし思春期性甲状腺腫の中には橋本病の疑いがあります。
一時的に病気の症状が現れたり消えたりをすることがあるので体調の不調はあるかもしれません。
しかしほとんどが治療はせず、経過を見守る形になります。

子供のバセドウ病は10歳以上くらいから現れることが多いです。
症状は大人と違って情緒不安定や集中力の低下などで現れます。

そのため思春期特有のものと考えらてしまう可能性があります。

子供の成績が急に落ちたり、性格が変わったり、落ち着きがなかったりは
もしかしたらバセドウ病の可能性があるかもしれません。

まとめ

間違った知識から不安になるのではなく、正しい知識を身につけてておけば
妊娠、出産、子育ても安心です。

気になる方は一度、専門の甲状腺の医療機関に診てもらうと安心ですね。

スポンサーリンク

-病気
-

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。