生活の中で気になることを調べています。

Women Life

結婚式

結婚式での着物の立ち居振る舞い 歩き方 食事 トイレなどでご紹介

更新日:


普段着物を着慣れていないと着物での立ち居振る舞い方って気になりますよね。

街中で着物を着ている人がいると、自然と視線がいきませんか?
結構他人から見られているんです。
だから素人目にも「あの人、着物は綺麗だけど何だか残念だな…」って感じが分かりますよね。
なぜそう見えてしまうのでしょうか?
それは普段洋服で過ごしているため、それが和装には合わないんです。

できれば「品が良くて素敵だな」って思われるように
着物での立ち振る舞い方のポイントを押さえておきましょう。

スポンサーリンク

結婚式での着物の立ち振る舞い方

和装でのポイントは先ず姿勢です。
姿勢がいいと見映えがいいのと同時に、着物を着た時の苦しさ襟元の着崩れを防げます。

次に普段の動作を小さく、細やかにすることです。
手足を大きく動かすと着崩れの原因も防げます。
指先をきちんと揃えた動作は優雅に見えますよ。

以上を踏まえて和装での所作をご紹介いたします。

着物を着て移動する時の振る舞い方

洋服では大股でスタスタ歩くのは格好がいいですが着物はその逆です。
いつもの半分ぐらいの歩幅で膝頭をすり合わせるように、内股気味に歩くのがポイントです。

背筋もきちんと伸ばして、裾がはだけないよう
上前を右手でかるく押えながら歩くと裾のめくれ防止にもなります。

着物は裾が長いので、かかとが草履から出ていると裾を踏みにくいです。
草履は引きずらないように気を付けましょう。

階段では洋服の時のように真っ直ぐ登ろうとすると、前裾を踏んでしまう危険性があります。

登るときは階段に対し斜め45度ぐらいの角度で立って、
階段の横幅を目一杯使って登るつもりで斜め横向きで登っていきます。
その時ロングスカートをもち上げるように、ちょこっと上前をつまむと足運びがスムーズになります。

振袖の場合は片手で両袖をつまんでまとめて持ち、踏まないようにします。

車に乗り込む時はお尻から乗車します。

電車で吊り革を持つときは片手で袖口を押さえて腕がニュッと出ないようにしましょう。

着物は袖口が大きく開いているので気をつけてください。
できればポールを持って吊り革は避けたいですね。

着物を着て食事をするときの振る舞い方

椅子に腰かけるときは背もたれまで深く座らずにしてください。帯がつぶれてしまいます。
背筋を伸ばし、浅く腰掛け袖はたたんで重ねて膝の上に置くようにすると 床にすれて汚れません。

ナプキンは膝の上に置きますが、着物はナプキンが滑りやすいので
ナプキンの端を帯に挟んでおくと帯の汚れも防げるのでおすすめです。

スポンサーリンク

何か物を取る、お酌をするなど手を伸ばす動作をする時は、反対側の手で袂を押さえ
袖が物に触れないようにしましょう。

着物を着た時のトイレはどうすればいいの?

着物を着てトイレは面倒だと思う人もいるかもしれませんが
着崩れを直す良い機会です。
長時間着物を着用しているとどうしても着崩れしてきますから、こまめにチェックするようにしましょう。

トイレは様式をおすすめします。

上から順に裾を胸あたりまで一枚一枚丁寧にめくります。
終わった後は逆の順で一枚一枚降ろしていきます。
最後に、めくれやすい、おはしょりや帯のたれをそっとなでて整えます。
鏡で後ろ姿も確認すると安心です。

このとき、袂を"帯締め"の下にはさんでおけば邪魔にならず、手を洗うときにも袖をぬらすことがありません。

着崩れの直し方は着物を着慣れていないと難しいです。
分からない場合は着付けの時に聞いておきましょう。

特に衿は目立つため、衿元のゆるみの直し方は確認しておいた方がいいです。

まず身八つ口から手を入れて、両側の衿をひっぱります。
もし胸元にもゆるみがある場合には、衿をひっぱった後に前側のおはしょりを下にひっぱりましょう。

衣紋が詰まることで、衿がゆるむこともあります。
その場合には背中の真ん中を下にひっぱり、衣紋を抜いてみましょう。

背中や腰のゆるみは、頻繁に立ったり座ったりすると起こりやすいです。

後ろ側のおはしょりを下にひっぱると、簡単に直せます。

裾が下がる・身ごろがずれている場合は真っすぐ立った状態で、身ごろのズレを直します。
その上で、下がってしまった部分をおはしょりの中に入れ込みます。

後ろも同様にして、裾の長さを整えます。

まとめ

せっかくきれいな着物を着たのですから、所作も美しくしていきたいです。

しかし着付けが苦しいとそれもままならないでしょうから
苦しいときは「苦しいと」伝えた方がいいですよ。
また、結婚式ではお食事もしますので帯締めの際はおなかを膨らませたりして
余裕をもって帯を締めてもらうという手もあります。
あまり緩すぎると着崩れの原因にもなりますので
着付けはベテランの人にしてもらうと無難ですね。

それでは姿勢を正しく、手先は揃えて優雅に振る舞ってください。

スポンサーリンク

-結婚式
-

Copyright© Women Life , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。