生活の中で気になることを調べています。

Women Life

イベント

旧古河庭園の散策はいつがおすすめ?旧古河庭園近くのカフェもご紹介

投稿日:


旧古河庭園は数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な庭園です。
伝統的な技術を使って和と洋がおりなす空間はとても見ごたえがあります。
四季ごとに、ぜひ何度も足を運びたい素敵なおすすめスポットです。

旧古河庭園を散策するにはいつがおすすめ?

旧古河庭園の洋館と西洋庭園ははジョサイア・コンドル最晩年の作です。
地上2階・地下1階の洋館は事前に往復ハガキにて申し込すると見学できるようになっています。
旧古河庭園洋館内見学申し込み詳細

日本庭園は小川治兵衛作庭で、心字池を中心に枯滝・大滝・中島を配しています。
冬のマツの雪吊とこも巻・ソテツの霜除は風物詩となっています。
また夏の大滝の水音と秋の紅葉もおすすめです。

見どころとしては枯滝、大滝、関東では珍しい崩石積と庭門で仕切られた茶庭の中の茶室深山の境、心字池周辺になります。

四季折々堪能できる庭ですが、植物の見どころ時期としては
ウメ(2月中旬~3月中旬)
ツツジ(4月中旬~下旬)
バラ(5月中旬~6月下旬)
サクラ(3月下旬~4月上旬)
シャガ(4月中旬~5月上旬)
ブラシノキ(5月中旬~下旬)
ハナショウブ(6月中旬)
バラ(10月中旬~11月下旬)
紅葉(11月中旬~12月上旬)
モミジ、イイギリ、イヌビワ、ハゼノキ
ヒガンバナ(9月中旬~下旬)
サザンカ(10月下旬~11上旬)
ツバキ(2月下旬~4月上旬)

イベント
5月:中旬 春のバラフェスティバル(ライトアップあり)
10月:中旬 秋のバラフェスティバル
11月:上旬 文化財ウィークの庭園ガイド
11月:下旬 錦秋染まる旧古河庭園

となっております。

やはり春は西洋庭園のバラがとても見事です。
また秋バラの時期には西洋庭園、その後にやってくる紅葉の時期には日本庭園が見どころでしょうか。

料金:入園大人150円、シルバー(65歳以上)70円、小学生以下および都内在住在学の中学生無料
時間:9~17時(入園は~16時30分)
交通:JR上中里駅→徒歩7分。または東京メトロ西ケ原駅→徒歩7分
駐車場:なし
所在地:東京都北区西ケ原1-27-39
問い合わせ先:03-3910-0394/旧古河庭園サービスセンター
HP:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/about034.html

旧古河庭園内にあるおすすめスイーツは?

旧古河庭園売店は土日祝日のみの営業ですが、イベント期間は平日も営業しております。
売店にはバラを使ったアイスやようかん、ジャム、ラスクなど色々な食べ物が置いてあります。

スポンサーリンク

人気商品はバラのアイス¥250とようかん¥510です。

旧古河庭園の洋館に入るには往復はがきによる事前の予約が必要ですが
洋館内の喫茶室を利用することでも入ることができます。

メニューは、コーヒー、紅茶、ジュース、ケーキなどがあります。
営業時間:平日13:00~ 土・日・祝11:00~

旧古河庭園周辺のおすすめカフェとスイーツをご紹介

百塔珈琲 駒込本店
駒込駅から3分のこだわり自家焙煎の珈琲店です。

JR駒込駅から徒歩数分、古河庭園へ向かう緩やかな坂の半ばのビルの2階。
黒地に文字白抜きのムダのないシックな看板がなければ、思わず見過ごしてしまうかも知れません。
木調の、クラシックが流れる落ち着いた店内には、焙煎したての珈琲の香ばしい甘い薫りが漂っています。
多くの種類のコーヒーから選ぶことが出来、どれも美味しいです。

好みを伝えるとお勧めの一杯が供されるので、まずはメニューの相談から始めるのもいいと思います。
気に入った豆は、購入することも出来ます。

豆に合わせたデザートセットがおすすめです。
手製のガトーショコラに、スペシャルなショコラブレンド、チョコレートの濃厚さに負けず、香ばしさを感じます。
チーズケーキと店名を冠した駒込ブレンドのセット、しっかりとしながらもコーヒーを邪魔しないチーズケーキのお味が、絶妙です。

営業時間:月・火・金曜日12:30~19:30。土・日・祝日11:30~19:30 定休日水曜日・木曜日

アルプス洋菓子店駒込店
東京メトロ南北線の駒込駅から徒歩約1分の場所にある洋菓子専門店の「アルプス洋菓子店駒込店」。
老舗のケーキ屋さんで1階がショップ、2階が喫茶室になっていて1ドリンク制です。
昭和を感じさせるモダンな雰囲気のお店でモカロールやショートケーキ、チーズケーキ等が美味しいお店です。
営業時間:月・水~金・土・日・祝・祝前10:00~20:00 LO/19:00

中里菓子店
昭和初期に創られた揚最中が有名なお菓子店です。
駒込駅から歩いて3分の所にある昭和初期創業の老舗和菓子屋さん。
名物「揚げ最中(160円)」は甘めの餡子をごま油で揚げた小さな煎餅で挟んであります。
揚げてあるのに油っこくなくトースターで少し温めるとごま油の香ばしさがより引き立ってさらに美味しいです。
十勝産の小豆で練った粒あんの甘味が、伊豆大島産の粒塩によってくっきりと引き立ちます。
日によっては午後には売り切れてしまうこともある人気の商品なので気を付けてください。
「南蛮焼(つぶ餡/うぐいす餡 240円)」も人気で、皮に黒糖が練り込まれておりふわふわの食感がいいです。
中の餡には粒餡とうぐいす餡があり、食べ応え十分のボリュームがあります。
営業時間:月~金・祝前10:00~18:00 土・祝10:00~17:00

まとめ

旧古河庭園は平成18年1月26日に文化財保護法により国の名勝 指定を受けました。
近隣には小石川後楽園、六義園、上野恩賜公園がありますので、こちらもぜひ訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

-イベント
-

Copyright© Women Life , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。